foodeez-default-slider-image

What it is the Aging Beef?

Foodies-Restaurant-WordPress-Theme-Lite

私たちは『旨い肉』の追求をする

こだわりの熟成方法『氷温熟成』

氷温熟成とは、日本酒の仕込み技法のひとつです。
低温だと余計な雑菌の繁殖を抑えお酒をつくる微生物が、よい働きをしてくれるのです。
氷結点という凍る温度があり、0℃から氷結点の温度域のことを「氷温域」と呼びます。
そして、この氷温域で熟成をします。肉を氷温域にさらすことで凍るまいとする自己防御機能が働き、旨みや甘味成分が蓄えられた熟成肉が出来上がるのです。

熟成肉をタリアータで!

トスカーナ発祥のタリアータスタイル

タリアータ (Tagliata) とは、“切り分ける”という意味のトスカーナ発祥の料理。
ローストビーフの様に焼き上げてお出しします。

熟成肉を常温に戻し、塩、胡椒、オリーブオイルで表面を焼き上げた後、温かい場所で寝かせ、ゆっくり火を入れることでレアとはまた違った食感となります。

大きな塊肉を炭火で均等に熱を加え旨みを逃がさないように壁を作り
焼いては寝かせゆっくりじっくり火を通すことで
部位の特徴を生かした食感、旨みのこさや最大限に出すことができます。
薄く削ぐように切って食べやすく 冷めてもおいしく召し上がれる手法です。